橋梁塗料調査事業

 橋梁等の鋼鉄構造物の塗料(塗膜)中には、PCBや鉛・クロムといった有害物質が含まれており、塗料の塗り時等の剥離やかき落とし作業時の作業者のばく露が懸念されています。塗料中に有害物質が含まれていることから、労働者の健康障害防止の観点より、厚生労働省は「鉛等有害物を含有する塗料の剥離やかき落とし作業における労働者の健康障害防止について」(平成26年5月30日)を通知しました。

 当社では、試料採取から分析、報告書作成まで対応させて頂きます。

また、橋梁補修業務に関係する相談依頼も頂いております。

現地採取

 橋梁の塗料は、非常に薄く分析必要量の確保、作業員の安全性の確保、コンタミネーション(工具由来で他試料と現試料が混ざり数値が変わってしまうこと)など多くの課題があります。

当社では

  • 超音波剥離機
  • 部分隔離工法

を採用し、安全で正確な分析結果が得られるようにしています。


塗料分析

塗料中に含まれる高濃度の鉛、クロムや微量に含まれるPCBは分析機関によって下限値や精度のレベルが違います。

当社では以前分析会社に勤めていた経験から、優良な分析会社を選定して分析依頼をしています。


報告書作成

橋梁塗料については、作業に対する明確な基準が定まっていません。当社では労働安全、廃棄物、環境の観点から報告書をまとめ作業の判断基準にご利用頂いております。


建築用塗膜防水材にアスベスト含有

 コンクリート土木構造物の早期劣化を促す塩害やアルカリ骨材反応・中性化・冷害からのコンクリートを保護し、土木構造物を長寿命化するために、建築用塗膜防水材アロンブルコートを使用します。過去の使用せれた建築用塗膜防水材アロンブルコートには、石綿を添加材として使用していた製品があります。

鉛中毒予防規則の含鉛塗料の適用について

 平成30年7月30日厚生労働省労働基準局からの「鉛中毒予防規則等の「含鉛塗料」の適用について」より、鉛やクロムフリーの錆止めペイント(JIS K 5674)は塗膜中の鉛の質量分率が 0.06%以下であることから、「含鉛塗料」には該当しないとされました。

しかし、一般的な塗膜につては、複数層で構成されてることから、橋梁の塗膜調査時に塗膜の含有分析を行う場合には、含鉛塗装の層以外で鉛の含有量が薄まることを差し引いた上で、橋梁塗膜中に「含鉛塗料」層があるかを判断しなければなりません。