シックハウス(室内空気環境測定)


 新築やリフォームを行なった後に入居者が、目や鼻の痛み、頭痛、めまい、吐き気がするなどいった症状の「シックハウス症候群」が問題となっています。その原因の一部が、建材や家具、接着剤などから発散するホルムアルデヒトやVOC(トルエン、キシレンなどの揮発性化学物質)とされています。

 厚生労働省や国土交通省、文部科学省が関係する学校や公共建築物の新築・増改築では、ホルムアルデヒトやVOCの測定が特記仕様書に記載されて、建物の完成後の引き渡し検査の一部となっています。 

1.測定項目

・住宅性能表示の場合には、左記の1~5の5項目

・学校環境衛生法の場合には、上記の1~6の6項目

2.シックハウス分析料金

定価 1検体 15,000円(税抜き)

※分析料金の他に採取出張費がかかります。

※5検体以上の場合には、割引制度があります。